妊婦の便秘に注意|しっかり栄養を摂取して溜め込まない体を作ろう

微笑む女性

不快な腹痛を無くそう

お腹

食事の工夫

妊娠すると、ホルモンの影響で便秘になる妊婦が多くいます。便秘の原因は色々とあり、例えば子宮による腸の圧迫が挙げられます。妊婦になると、腸の動きが鈍くなりやすくなるため、食事や運動で腸を活発にすることが大事です。食事については、乳酸菌の入っている食べ物や食物繊維の多いものを摂るように心がけます。また、オリゴ糖も一緒に摂取すると、より効果的共に言われています。運動については、大股でウォーキングをするなど、腸を刺激することを意識すると良いです。それでも便秘が解消されない場合は、薬を使用することも方法です。最近では、妊婦でも使用できる便秘薬が病院で処方することができます。便秘はどの妊婦にもついて回る悩みであり、今後も食事や薬による対処が大切になってきます。

心がけること

食事で乳酸菌や食物繊維の多いものを摂取することの他に、水分を多めにとる工夫をすると、便秘解消により効果があります。妊娠をすると、水分も赤ちゃんの成長に多く取られがちになりますので、水分不足により便が硬くなる傾向があります。ただし、一気にたくさんの水を飲んだり、意識しすぎて取りすぎないように注意です。水を多く摂りすぎると、足などがむくみやすくなってしまうので、食事にスープを追加してみたり、適度な水分摂取に心がけると良いです。また、ストレスも便秘の原因の一つになります。妊娠による体の変化で、思うように体が動かないストレスで便が出にくくなることもあります。睡眠を充分にとったり、気分転換をするなど、ストレスを軽くすることも大事です。