妊婦の便秘に注意|しっかり栄養を摂取して溜め込まない体を作ろう

女性

不快な腹痛を無くそう

お腹

妊婦の便秘は、出産までついて回る悩みです。食事に工夫を凝らしてみたり、適度な運動をすることが大切です。また、辛い時は薬にも頼ると良いです。さらに、水分補給もこまめに摂取したり、ストレスを軽減するよう意識すると効果的です。

詳しく読む

バランスの良い食生活

食事

妊娠中に必要な栄養素を食事から全てとることは大変です。そのため、手軽に飲めるサプリメントを併用することで、1日に必要な量を摂取できます。また、ノンカフェインの飲み物が多く売られるようになり、妊婦の間で人気となっています。

詳しく読む

母体の健康と胎児の発達

妊婦

妊娠中の女性は、自身の健康のためにも胎児の発育のためにも、栄養分をしっかりと摂取する必要があります。特に葉酸とカルシウムの摂取が大事とされています。とはいえ妊娠中はつわりで食事をとりにくくなることがあります。そのような女性が増えている昨今では、手軽に栄養補給ができる健康食品の需要が高くなっています。

詳しく読む

自然なお通じにおすすめ

妊婦

妊婦になると様々なマイナートラブルに悩まされますが、便秘もそういったトラブルの一つです。原因には様々なものがあります。ホルモンの分泌の変化により大腸の蠕動運動が抑制されるため、つわりなどにより食事量や水分量が減るため、運動量が減るため、お腹が大きくなることで大腸が圧迫されるためなどです。そのままにしておくと圧迫された腸が腹痛などを引き起こしたり、体重増加につながったりするので、早めに解消するのが大事ですが、普通の下剤は使用してはいけません。子宮収縮作用があるものもあり、早産や流産につながるおそれがあるためです。そのため、妊婦の便秘にはオリゴ糖がおすすめです。オリゴ糖は天然食品のため体に優しく、自然な形のお通じを促してくれるため人気です。

妊婦の便秘は、通常の便秘と違い薬に頼れません。そのため、運動や食事といった生活習慣で改善する方法をとることになります。ですが、体調により必ずしも実践できるとは限らないという点が特徴といえます。つわりのため水分も食事も採れなかったり、早産のおそれがあるため運動や腸のマッサージができない場合もあります。そのため、便秘は身近なトラブルながらも、妊婦にとっては大敵といえます。もしつわりがある程度よくなっていれば食生活の改善が最も効果があります。便秘によい食事はヘルシーなものが多いので、体重管理にも役立ちます。まずはできる範囲で生活を改善し、どうしても改善しない場合は医師に相談しましょう。妊娠中でも飲める便秘薬を処方してくれる可能性があります。